建設・高所作業の安全対策

決して妥協しない安全対策

風況観測タワーのセンサー類の取り付けは、地上から60m近くある非常に危険リスクを伴う高所作業となります。サンコムでは通信鉄塔建設で培ったノウハウが、その安全対策にも十二分に活かされています。落下防止用の安全帯の使用はもちろんのこと、綱の架替えの時にも一瞬たりとも無胴綱状態(手や足だけで身体を支えている状態)にならないように、補助ロープの使用を徹底し、全てにおいて安全を最優先に作業を行います。

落下事故防止の安全対策

フルハーネス型安全帯
万が一体制を崩してもしっかりと身体をサポートします

ロリップロープ〈親綱〉
補助ロープと併用して使用します


補助ロープ
親綱と共に使用します。一瞬でも無胴綱状態を作らないことが大切です
安全装備:藤井電工株式会社

安全最優先のトータルサポート

サンコムでは、風況観測用タワーの設計設置から、観測結果の集計・解析まで、安全最優先でトータルに風力発電を検討されている事業者の皆様をサポートします。
ご提供サービス

工作物確認申請、法規制解除サポート
タワーの建設地の調査、設計、施工
建設後の支線の点検、センサー類の点検、交換
風況観測データの回収、データ集計
タワーの撤去

上記個別対応のほか、工作物確認申請、法規制解除などのお手伝いもサンコムにお任せ下さい。